Skip to content

Date archive for: 6月 2015

交際クラブとキャバクラでは出会いに関しては…

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

キャバクラで働いている方がお客さんとくっついたという話はいくらでも聞きます。高級なお店になればそこに来る客もそれなりの収入を持った方になりますから、この意味では交際クラブが掲げる男性像と近いものがあります。しかしキャバクラはあくまで「仕事」です。このため男性もそれが仕事の延長であることを必ず意識してきます。かたや交際クラブは、素人の女性のほうが好きで入会される方がたくさんいらっしゃいます(このため他水商売で働く方は入会をお断りすることおもあるそうです)。もちろん男性の目的は様々ですから、最終的なゴールがどこにあるかは男性と決めてもらうことになります。またそもそも適正な年齢(方針によります)というものが無く、18歳以上であればどなたでも、というクラブが多いです。しかし登録条件を満たし、いざ出会いを待っていても、必ず誰かの隣に座りお話ができるキャバクラとは違い、なかなかセッティングの機会に恵まれない場合があることも事実です。

最終的には男性とフィーリングを合わせていくことというのはどちらにも共通するポイントです。男性との出合い方も様々ですね。

交際クラブとの違いキャバクラの場合

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

収入面でもう少し見てみましょう。女性の水商売の代表例であるキャバクラ。とある調査によると、ズバリ月の収入は10万円から最高では300万円ほどになる方もいるそうです。給与計算の方式によって額は様々になるのですが、やはりトップクラスになると結構な額を稼いでいる方がいます。次に年齢をみてみます。キャバクラで働く女性の平均年齢は23歳前後と言われています。これは必然的にそこに来るお客のニーズがその年代を求めているからであり、その年齢を過ぎると他の職業についたり、もともと掛け持ちしていた仕事を一本にするなど、別の道に進んでいくことになります。

交際クラブの収入?

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

たまに風俗系の求人雑誌を見ると、交際クラブの会員募集が掲載されていることがあります。基本的に条例による許認可が必要な交際クラブの場合は、男性に性的なサービスを提供することが目的ではありませんから、そういったことを前提として手に入る金額というのはありません。しかし交際クラブのルールや暗黙の了解としてお茶代、車代といった名目で謝礼を渡すことが通例となっています。この謝礼は1万円前後が一般的なようですが、これが男性によっては5万円、10万円などたった30分、本当にお茶をしただけでいただくことなどもあるんです。もちろんちょっと法外な金額ですし、交際クラブに登録する女性は一般の女性が多いですから、驚いて受け取りを断る方もいるそうです。

交際クラブでは女性は基本的にアプローチを待つ

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

交際クラブの運営方針は様々です。まずは女性の登録者数を増やして男性登録者の数を集めようとするところもあれば、ネット上には女性の写真を公開せず、実際に事務所でしか見ることができないクラブもあります。さらにどうしても最初のアプローチは写真になってしまうため、容姿が一番最初のソート基準になってしまうことが現実です。つまり登録はしたものの、ほとんどお声がかからなんてこともありえます。このため登録はしても、男性会員様に満足を頂くためすぐに紹介はできない、ということを明言している交際クラブも存在しています。

交際クラブを選ぶ理由。キャバクラとの違い

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

交際クラブに登録する理由はなんでしょうか?正直男性と出会う方法は今の世の中たくさんあります。最近であれば、某繁華街には女性はずっと無料。相席する男性がすべての費用を持ってくれる居酒屋なんかも登場して話題になりました。またちょっと社交性があるならば、合コンのお誘いやお見合いの機会だってあるかもしれません。そうなるとやはり一つの魅力は、素敵な男性に出会える可能性を上げる、ということになるのではないでしょうか。

交際クラブの過去の傷のとらわれずに

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

ひどいことをされたとしても、なんとかつなぎとめておきたい。
嫌われ恐怖にとらわれた女性は、どんなことをしてでも男性に好かれるような努力をします。
男性が求めるものはすべて与え、たとえ自分はいやだと思っても男性に迫られると拒否できません。
また、このようなタイプの女性は、同じような男性ばかりとつきあってしまう傾向にあります。
自分を傷つけたり、不安にさせたり、恐怖におとしいれたりすような男性にばかり惹かれてしまうのです。
せっかく登録した交際クラブ、いい出会いがあってほしいものです。
そして、その出会いによって多くの女性が癒しと安らぎとときめきを体験できる場所であってほしい。
だから心の傷を男性でうめるようなことはしないでください。
交際クラブシンドロームにおちいらないために、過去の自分にとらわれることなく、男性と楽しくお付き合いし、素敵なデートを楽しみましょう。

交際クラブでおちいりやすいケース

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

例えば、交際クラブで知り合った男性と仲が悪い場合。
好きでもないし、喧嘩が絶えないのにどうしても別れることができずにいる人。
愛情がないのに、いつまでも男女の関係を続けているケース。
横暴で暴言をはいたり、ときには暴力をふるうような人との関係を解消できない人。
このようなケースでは、女性は不利に扱われることが多いはずです。
しかし、それでもその男性にこだわってしまうということは、女性の側に何か精神的な問題が隠されている可能性があります。
好きなわけでもないひどい男性にも嫌われたくなくて、ついつい優しくしてしまう。
そんなひきとめておこうとする心理は、幼いころの父親との関係に原因があるとされています。
子どもの頃、父親に遊んでもらえなかったり、冷たく扱われたり、暴力をうけていた女性は、
まるで子供が親に見捨てられてしまうのではないかという恐怖心を抱いたまま大人になるのです。
そして、たとえ恐怖の対象である父親であっても、見捨てられないように必死に努力する子どものように、男性に接してしまうのです。

嫌われ恐怖が招く交際クラブシンドローム

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

人間の心の動き、心理というのは、本当に興味深く、おもしろいものです。
例えば、ストックホルム症候群という心理状態を知っていますか?
誘拐や監禁をされたとき、犯人と長い間一緒に過ごすことによって、犯人に同情や、ときには好意のような感情が芽生えてくることを言います。
ストックホルムの銀行強盗人質立てこもり事件の際、人質が警察官に銃を向け、犯人の味方になるような行動をとったことからこのように名づけられました。
中には、事件後も犯人をかばい続け、犯人と結婚をした人質もいたというから驚きです。
はじめ、被害者であった人質は、犯人と閉鎖空間を共にすることによって、共感や同情、協調や好感を抱くようになっていくのです。
このような不可解な心理状態は、交際クラブの中でもおきる場合があります。
その現象をここでは、「交際クラブシンドローム」とよぶことにしましょう。
交際クラブに登録している女性は、男性に優しさや刺激、癒しや特別な扱いを求めています。
日常生活に満足していなかったり、毎日が退屈だったり、日々に疲れていたりします。
このような女性は、男性から見放されたり、捨てられたり、嫌われたりすることを極端に恐れているもの。
「嫌われ恐怖症」といっても過言ではありません。
嫌われ恐怖は交際クラブシンドロームにおちいりやすいので、注意しましょう。

交際クラブの営業時間を確認

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

交際クラブを利用したいと考えているみなさんは、営業時間については気にされていますか?
実はこの営業時間というのは、非常に重要な要素なのです。
不思議に思うかもしれませんが、せっかく交際クラブに登録をしても、その営業時間内に利用できそうにないということでは、意味がありませんからね。

交際クラブは営業時間を12時から20時くらいまでにしているところが一般的です。
しかし、20時くらいだと、残業をしていれば帰ることが出来ない時間だったりしますよね。
そういう人には、深夜まで営業しているような交際クラブのほうがいいでしょう。
また、デートを20時以降にセッティングした場合、もしそこでトラブルがあったとしても、営業時間の終わっている交際クラブでは対処してもらうことができませんよね。
そのようなことも考えると、営業時間というのはとても重要になってくるのです。

この他、交際クラブのお休みがいつかや、年末年始などの特殊なお休みがいつなのかということも自分の活用方法によっては重要な要素になってきます。
自分のライフスタイルに合わせて、上手に交際クラブを活用するためにも、事前にしっかりと確認することをオススメします。

交際クラブではコンシェルジュの活用が大事

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

どの交際クラブを選ぶかという最初の部分が、一番のキーとなるということがわかったかと思います。
変なところに登録をするのは、はっきり言ってお金の無駄でしかありませんからね。

交際クラブによっては、担当コンシェルジュというのが付くところもあります。
老舗の交際クラブでは良く見かけるサービスのひとつです。
コンシェルジュが付いて相談に乗ってくれれば、心強いですよね。

交際クラブで最初にチェックすること

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

自分に合った交際クラブを選ぶために、どこをチェックしたらいいのかな?と思う人もいるかもしれません。
自分に合うかどうかというのももちろんとても大切なポイントなのですが、そもそも交際クラブにはなんのために入会するのでしょうか?
それは、当然ですが素敵な女性と出会うためですよね。
そのために最初にチェックしたいのは、女性会員の会員数です。

女性会員の数が少なすぎるところや、男性会員の方が圧倒的に多いというのもパスしたいところです。
なぜなら、女性が少ないと1人の女性に集中して取り合いになってしまうなど競争率が高くなったりしますし、逆にずっと残っている女性は何年も前から登録している女性……なんていうケースも出てくるからです。

新規で女性会員がちゃんと入ってくるような交際クラブがやはり良いですよね。
老舗と呼ばれる交際クラブがいくつかありますが、信頼のある交際クラブだと新規の女性の入会数も多くなりますので、やはり老舗クラブに入会するのは安心を買う意味でもアリだと言えるでしょう。

老舗の交際クラブであれば、当然ながらスタッフの教育もしっかりされていますので、不愉快な思いをすることもないでしょう。
希望に合った女性ともマッチングしてくれると思いますよ。
老舗クラブであれば、ベテランのスタッフも多くいるので安心ですね。

交際クラブの必勝法

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

せっかく交際クラブに登録をするのであれば、交際クラブを楽しんで使いたいですよね。
そのためにはどうしたら良いのか、考えてみましょう。
高い入会費を支払って、不愉快な思いをするのではたまったものではありません。
交際クラブの中には、悪質なところもないわけではありませんし、経営がうまくいっていないところなどもあったりします。
注意してそのような交際クラブは避けなくては、交際クラブを楽しんで活用することが出来ません。
安全で、安心して利用出来る交際クラブであることをよく確認した上で、自分に合った交際クラブを選ぶことが、交際クラブを楽しむためのポイントであると言えます。

交際クラブは交通費が現金報酬

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

男性会員から指名があり、セッティングしてもらって実際に会ったとします。
ここですぐに報酬が発生するわけでももちろんありません。
男性会員とデートをし、楽しませないといけないのです。
ただ黙って座っているだけでは男性は退屈なもの。
そんな女性に貢ぎたいとは思いませんよね。
男性会員に気に入られ、また会いたいと思ってもらえるようなデートを心がけましょう。
デート代はもちろん男性持ち。
連れて行ってもらう一流レストランや高級ホテル代も男性がだしてくれます。
こうした場所を体験できるだけでも元はとれているようなもの。
思い切り楽しく過ごしましょう。
また、男性会員が好意でプレゼントをしてくれたものも報酬のひとつ。
自分で使っても良し、質屋に流すも良し。
有効に使いましょう。
デートの帰り際、男性は「交通費」を渡してくれます。
これは結婚相談所でも同じ。
男性のエチケットみたいなものですね。
交通費だけが現金報酬?と首をかしげたあなた、ちょっと待ってください。
交際クラブでの「交通費」には、交際費や美容代、楽しませてくれた代や次のデートに来てもらうための準備代なども含まれているのです。
なので、この「交通費」はかなりの額なはず。
女性は人と会うのにお金がかかりますものね。
美容院にもいかなければならないし、服も整えなければならない。
ネイルだって高いし、靴やかばんもいいかげんなものを使うわけにはいかないでしょう。
そうしたものも含めた「交通費」なのです。
この「交通費」を報酬だと考えるのであれば、交際クラブの収入は高いものになるでしょう。
交際クラブが稼げるというのは、こういうしくみがあるからなのです。
そして、「交通費」を頻繁にもらうためには、やはり男性会員に好かれるような女性になることが求められます。

交際クラブは登録しただけでは稼げない

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

交際クラブには社会的地位の高い男性が多く登録しています。
なので、登録希望の女性を全員交際クラブに登録させるわけにはいきません。
入会できるのは、面接に通った女性だけです。
年齢も若いことが優遇されます。
だいたい35歳くらいまででしょうか。
もちろん、容姿も問われます。
あまりにひどいと入会を拒否されることもあるので、気を付けましょう。
そこそこの容姿で35歳くらいまでの若い女性であること。
それに加え、立ち居振る舞いやマナーも面接ではみられることでしょう。
社会的地位の高い男性とデートをするということは、そういうことまでも求められるのです。
面接と診査をとおり、やっと登録したとします。
これで稼げるぞ!と勘違いしてはいけません。
交際クラブで報酬を得るためには、男性とデートしなければならないのです。
そのためには、まず男性会員に会いたいと思われるような女性にならなければなりません。

交際クラブはお金がすべて?

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

お金がほしい。
そんな願望は誰しも持っていると思います。
だって、お金がないと何もできないですものね。
資本主義社会では、お金があればほとんどすべてのものが手に入ると言えるでしょう。
特に、若い女性が楽しく生きるためにはお金がいります。
美容にお洋服に化粧品。
友達との付き合いだってしないわけにはいきません。
携帯やネット代、光熱費に家賃に・・・そのほかたくさんの支払いが毎月やってきます。
これでは、昼間のお仕事をしていたのでは足りないですよね。
そこで、交際クラブに登録してみようかなと考えはじめるわけです。
しかし、交際クラブに登録すればすぐに稼げるかというと、そういうわけではありません。
当然のことですが。
登録し、男性会員に選ばれ、実際にデートをする。
そして、男性に気に入られなければなりません。
ただ会っただけでは稼げないのです。
それでは、いったいどうしたら交際クラブで稼げるようになるのでしょうか。
交際クラブで高収入を得られるしくみについてみてみることにしましょう。

交際クラブはとっても魅力的

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

交際クラブに登録している男性は、社会的地位が高く、スマートな男性が多いところも魅力のひとつです。
結婚相談所には、いわゆる「さえない男性」がいるものですよね。
「どうしても結婚したい!」だけど女性とお付き合いしたこともなければ、話しかけることすらできない・・・。
そんな男性が少なからずいるわけです。
こういう男性と話してみても、あまり楽しいものではありません。
結婚するなら不器用であっても誠実な人、まじめな人のほうがいいに決まっていますが、楽しく遊ぶなら・・・?
交際クラブを利用している男性は、大人の遊び方を心得た人たちです。
必ずしも結婚相手を探しているわけではなく、ちょっぴり贅沢に大人の遊びを楽しみたいと思っている女性にはもってこいです。
やはり、いろんな遊びを知っている男性は魅力的ですものね。
交際クラブには、経済的に余裕のある男性が多く登録しています。
なぜなら、入会するのに決して安くはない費用を払っているからです。
また、スマートに遊ぶためにはお金がかかるもの。
社会的地位が高く、経済力のある男性が多い交際クラブであなたも素敵な出会いを探してみませんか。
きっと魅力的な男性とデートできるはず!

結婚相談所は古い?!

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

これほどまでにインターネットが普及している現在、結婚相談所には年配の人しかいません。
登録するためには女性も高い費用が求められます。
また、きちんとした「お見合い写真」もとらなければなりませんし、学歴や経歴など、現在にいたるまでの経歴も細かに提出しなければなりません。
男性たちはそれらの「履歴書」を読み、見比べて、独断と偏見によって会いたい女性を選ぶのです。
これではまるで「圧迫面接」ではありませんか!
そこでおすすめなのが、交際クラブです。
交際クラブと聞くと、「出会い喫茶のようなものなのかしら」とか「売春を行う風俗店のようなものなのかな」と不安がつきまとうかもしれません。
しかし、それは誤解です。
交際クラブとは、大人の男性と女性が出会う社交場のようなものなのです。
普段、「出会いがほしい」と悩んでいる人や、「素敵な男性とデートをしたい」、「ちょっぴり贅沢に遊びたい」と思っている人たちが登録し、気に入った相手を探すことができます。
結婚相談所よりも気軽で、だけど水商売や風俗とは全く違う。素敵な出会いが待ち受けている場所なのです。
結婚相談所では、経歴と見た目、職業などが相手が結婚相手に望むものと一致しなければ会うことすらできません。
しかし、交際クラブでは、そこまでかしこまらなくていいので、軽い気持ちで会ってみることができます。
「絶対に結婚したい!」「希望の結婚相手を見つけたい!」というよりも、一緒に楽しく過ごせる大人の男性を探すといった感じでしょうか。
あまり堅くならなくていいところが魅力の一つだと言えます。

日常に出会いが少なすぎる

Posted in 交際クラブ(デートクラブ)

いつもと同じ電車に間に合うように朝早くに家を飛び出し、満員電車に揺られ、会社に着くといつもと同じメンバーで仕事をし、
お昼になると行きつけの定食屋さんで昼食をとり、サービス残業をこなして帰りは深夜。
へとへとに働いた疲れを癒すこともできず、洗濯に掃除に追われる休日。
こんな生活を何年も続けていたのでは、良い出会いなんて期待できないですよね。
気づいたらいい歳のおばさんになっていて、ひとり寂しい老後が待っている・・・。
そんな恐怖心や焦りから、「こうなったら思い切って結婚相談所に登録してみよう!」なんて考え始めている人、ちょっと考え直してみてください。
インターネットがなかった時代、異性と出会う最終手段が結婚相談所でした。
それまでご縁がなかった男女が結婚相談所に多額の入会費を払って入会したのです。
気になる相手が見つかったら、わざわざ仲介料や紹介料を払って面会。
会ってみてイメージと違ったら、再び膨大な名簿から相手を探し、また会うために料金を払い・・・。
そんなお金も手間も暇もかかることをしなければならない時代があったのです。