交際クラブでおちいりやすいケース

例えば、交際クラブで知り合った男性と仲が悪い場合。
好きでもないし、喧嘩が絶えないのにどうしても別れることができずにいる人。
愛情がないのに、いつまでも男女の関係を続けているケース。
横暴で暴言をはいたり、ときには暴力をふるうような人との関係を解消できない人。
このようなケースでは、女性は不利に扱われることが多いはずです。
しかし、それでもその男性にこだわってしまうということは、女性の側に何か精神的な問題が隠されている可能性があります。
好きなわけでもないひどい男性にも嫌われたくなくて、ついつい優しくしてしまう。
そんなひきとめておこうとする心理は、幼いころの父親との関係に原因があるとされています。
子どもの頃、父親に遊んでもらえなかったり、冷たく扱われたり、暴力をうけていた女性は、
まるで子供が親に見捨てられてしまうのではないかという恐怖心を抱いたまま大人になるのです。
そして、たとえ恐怖の対象である父親であっても、見捨てられないように必死に努力する子どものように、男性に接してしまうのです。